アロエベラナチュラル本舗:真実のアロエ・アロエベラ


ピュア&シンプルをテーマに生みだされたオリジナル商品です アロエベラ ナチュラル本舗 大自然の恵み アロエベラジュース
はじめませんか飲むだけの健康法
ホームご注文方法お支払方法返品交換プライバシーポリシーセキュリティー表記
アロエベラ・ミツバチ
健康食品の案内
アロエベラ
スキンケアの案内
アロエベラ
ナチュラル本舗の紹介
アロエベラ
ナチュラル本舗店長より
特定商取引に関する法律に基づく表示
コミュニティー
 メルマガはこちら
 よくある質問
 お客様の声
 ミニ情報
 相互lリンク集
  
お役立ち情報
 46種類の栄養素
 ミネラルパワーアロエ
 アロエベラという植物
 ミツバチパワー
 ダイエット記録
 FOREVERダイエット
 私たちを取巻く健康事情
 健康的な食生活
製品一覧 資料請求(無料)



アロエベラがジュースになるまで
フォーエバー 社のアロエベラジュースは、現在アメリカで加工・生産しています。南米で育ったアロエベラがどのように加工されてアロエベラ原液となり、どのようにして日本に輸入されてくるのか、ここではご説明します。
アロエベラ畑
アロエベラの栽培
アロエベラジュースの原料となるアロエベラは、すべてFOREVERインターナショナル所有の広大な畑で栽培されたものです。アロエベラおよびその加工品はワシントン条約により保護されており国際取引(商業目的)が規制されています。アメリカからアロエベラ原液やアロエベラ製品を日本および諸外国のフォーエバー社に輸出するためには、自然に生息しているアロエベラではなく人為的に栽培したものを使用しなくてはなりません。そこでフォーエバー 社では自社で広大な畑を所有し、莫大な量のアロエベラを栽培しているのです。
東京ドーム約650個分の自社畑
フォーエバー 社設立からしばらくの間、アロエベラはメキシコ国境に近いテキサス州ハーリンジェンの広大な畑でのみ栽培されていました。その後、アメリカ国内や各国へのフォーエバー 社設立による需要増加、さらに冷害等の自然災害が起こった場合にも対応できるように、ハーリンジェンと気候が似ていて、その土地の土がアロエベラ栽培に適したメキシコやドミニカにアロエベラ畑を所有するようになりました。現在、フォーエバー 社ではハーリンジェンに1,500エーカー、メキシコに1,000エーカー、ドミニカに5,000エーカー、合計で7,500エーカー(約918万坪)ものアロエベラ畑を所有しています。その広さはなんと東京ドーム約650個分にもなります。
アロエベラ畑のサイクル
フォーエバー 社は、できるだけ自然に近い状態でアロエベラを栽培するために化学肥料等は一切使用しておりません。化学肥料を使わない代わりに、畑の失われた栄養分を補うため一定のサイクルにしたがってアロエベラを栽培しています。フォーエバー 社では約5年に一度、アロエベラ畑を休ませるようにしています。畑を休ませるときには、栽培に最も重要な栄養素である窒素養分を土の中に蓄えてくれるマメ科の植物を植えています。
アロエベラの収穫
アロエベラの栽培は、まず1年目に苗を植え、2年間育てたアロエベラの葉は、株の外側から一度に2〜3枚ずつ収穫していきます。アロエベラの葉の成長という点では、2年間では十分ではありませんが、下部の内側の葉を育てるために3年目から収穫していきます。そして、収穫が終了した後は、1年間畑を休ませ、次の苗の植え付けに備えます。
収穫されたアロエベラの葉はそのままにしておくと時間の経過とともに劣化していきます。そこで、アロエベラジュースの原液となるジェル部分を一定期間、できるだけ収穫時と同じ状態に保てるようにと考案され、特許を取得した安定化処理を施すべく、畑近くの工場へ運ばれます。
製品化されたアロエベラジュース

アロエベラジュース

『このサイトはフォーエバーリビングプロダクツジャパンのディストリビューターである
戸田真知子が作成したものです』

サイト管理者 戸田真知子
所在地 319-2404 茨城県常陸大宮市国長807-1
電話番号 0295-56-3877
FAX番号 0295-56-3876
Email info@creation12.co.jp
Google
アロエベラナチュラル本舗は有限会社クリエーションが企画・運営しています。
有限会社
クリエーション
〒319-2404
茨城県常陸大宮市国長807-1
TEL:0295-56-3877
FAX:0295-56-3876
お問い合わせ
info@creation12.co.jp
Copyright(C) 2005 Creation,Inc. All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】